妊婦さんが安心して使える産休のプレゼント

産休を迎える女性へ何かプレゼントを贈るなら慎重に選びましょう。中には産休に贈ることを控えたほうがいいアイテムもあるからです。妊娠したことが分かれば安産祈願のお守りやベビー用品を贈りたいかもしれません。しかし、これらのアイテムはプレッシャーになってしまいます。「健康な赤ちゃんを産まないと」と不安を感じさせてしまいます。育児中なら良いですが産休プレゼントには避けましょう。妊娠中は母体の血液を通して赤ちゃんへ栄養を送ります。そのため、カフェインの摂取は控えるように言われています。授乳期間中も同様なので飲料は必ずカフェインレスの飲み物を選びましょう。他にも産休に贈るのを避けたいアイテムに香りの強いものがあります。妊娠中の女性の中にはつわりの症状が出る場合もあります。匂いに敏感な方は強い匂いが原因でつわりをおこすこともあるです。産休に贈るプレゼントは無香料か匂いが控えめなものにしましょう。産休に贈ると喜ばれるアイテムは妊婦さんが日常生活で使えるものです。喜ばれるのがボディクリームやハンドクリームです。妊娠中は肌が敏感になりやすく肌トラブルに悩む人も多いす。控えめな香りで保湿力の高いクリームにしましょう。使用頻度が高いのがタオルです。普段使いに適した派手すぎないデザインのタオルを選びましょう。上質で肌に優しい素材なら赤ちゃんにもやさしいです。大きめサイズなら夏の冷えたい策にも有効です。ガーゼやタオル素材のハンカチも生活に役に立ちます。吸水性の高く、女性の好みに合わせたデザインが喜ばれます。妊婦さんに特に役に立つのがマタニティーウェアです。機能とデザインを併せ持ったマタニティーウェアが多数販売されています。使いやすそうなものを選んで贈ってください。もし妊婦さんの欲しいものや贈りたいものが分からないならカタログギフトがおすすめです。最近は赤ちゃんやお母さんに向けた専用のカタログギフトも展開されています。カタログには繊細な赤ちゃんも安心して使えるグッズが揃っています。カタログギフトを考えている方はそちらも視野に入れてみましょう。